Excelの当番表を担当者ごとにハイライト表示する

公開日:  最終更新日:2017/04/15

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/112000106/121600061/?itp_leaf_index

をJavaScriptを使わずにExcelでやってみました。

学校や町内会、サークルなどで色々な当番表を作ります。Excelで作った、当番表に対して、各担当者ごとに名前の部分を赤色でハイライト(セルを塗りつぶす)した当番表をExcelで作成します。

赤色でハイライトをする担当者は、当番表のセル[H1]に入力をします。

今回作成する当番表 (シート名:当番表)

注)A列に名前が入力されていれば、B列以降は何が入っていても良いです。

担当者名一覧(シート名:member)

1.担当者名一覧をテーブルにします。

担当者に変更(増減)があるかもしれないので、担当者名一覧は、テーブルにします。

(1) [挿入]タブ→[テーブル]をクリックします。

(2)テーブルに変換するデータ範囲を確認し、先頭行をテーブルの見出しとして使用するにチェックを入れ、OKをクリックします。

これで、担当者一覧がテーブルになりました。

2.担当者一覧の氏名の部分に対して名前を定義します。

(1) [数式]タブ→[名前の定義]をクリックします。

(2) 新しい名前ダイアログ ボックスが表示されるので、[名前]につける名前(ここでは、名前) [参照範囲]に=テーブル1[氏名] と入力し、OKをクリックします。

これで、担当者名一覧がテーブルになり、A列の氏名の部分に「名前」という名前が付きました。

ここまでのExcelデータは、当番表

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑