Excelの画面構成

公開日: 

Excelのテクニックとは関係ない事ですが、今回は、基本中の基本、画面の構成について書きます。

1:クイックアクセスツールバー

よく使う機能(「上書き保存」「元に戻す」「やり直し」)が登録されています。機能を追加することも出来ます。

2:タイトルバー

ファイル名が表示されます。

3:リボンの表示オプション

リボンとタブの表示方法を設定できます。

4:タブ

リボンの見出しのこと。機能ごとに分けられています。

5:操作アシスタント(Excel2016から追加された機能)

ウインドウに実行したい操作、例えば、「合計」を入力すると、機能の候補が表示されて、そこから選ぶだけで実行することができます。

6:リボン

Excelを操作するためのボタンが表示される領域です。

7:名前ボックス

アクティブセルのアドレスが表示されます。

8:数式バー

アクティブセルに入力されたデータや数式が表示されます。

9:シート見出し

シートの名前が表示されます。

10:ステータスバー

マクロの記録中など、現在の状況を示します。

11:表示モード

画面の表示モードを、「標準」「ページレイアウト」「改ページプレビュー」に切り替えることが出来ます。

12:ズーム

スライダーのつまみを移動することで、画面の表示倍率が変更出来ます。

 

ステータスバーに変なアイコンが表示されて困ることがあります。アイコンの意味をネットで調べようとしましたが、表示されている領域って何っていうの?ということがあったのでまとめてみました。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑